ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
               働くあなたの公的年金&保険
               知っ得情報 NO.291             2019.02.15.
ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
 
■■■■■■■■■■■■目次■■■■■■■■■■■■

★保険&年金基礎知識~入管法と健康保険~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
今年の冬は、例年より寒さが厳しいように感じました。
でも、来週は暖かい日が多いそうで、嬉しいです。

今回は、入管法と健康保険法改正のお話です。

============================================================
★保険&年金基礎知識入管法と健康保険

出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案
いわゆる、入管法改正案が、平成30年12月8日可決成立しました。
施行日は、平成31年4月1日です。
この法律改正の要点は以下の通りです。

 
●入管法改正の概要
1.新たな在留資格を創設
 現在の外国人の在留資格は、
 永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、留学生、短期滞在を除いて、
 日本で働く外国人の主な資格は、
 高度専門職(1号、2号)、経営・管理、法律・会計業務、医療、研究、
 教育、技術・人文知識・国際業務、企業内転勤、介護、興業、
技能
 
技能実習(1号、2号、3号)があります。
 技能実習生を除いては、高度な知識やスキルを持った人、既にグローバルな
 企業で、ある程度の地位にある人ということになります。
 現在の在留資格の
「技能」は、
 コック、調理師、スポーツの指導者(コーチ)、パイロット、貴金属加工職人
 等の特殊技能保持者で、経験や資格を必要とされる技能が主です。
 今回の法改正で、上記在留資格に加えて、
 特定技能1号と2号が創設されます。
 特定技能は、日本国内で人手不足が顕著な業種の人材確保を目的として
 います。
 特定技能1号は、相当程度の知識又は経験を必要とする技能を有する業務に
 従事する外国人で、その業務分野は、介護、外食業、ビル・クリーニング、
 飲食料品製造業、宿泊業、農業などとなっています。
 特定技能2号は、受入分野で熟練した技能を有することとなっており、
 制度開始後数年間は受け入れをしないこととなっています。
2..技能実習生と、特定技能1号の違い
 技能実習生は、「日本で培われた技術又は技能を収得すること」が目的であり、
 労働力需要の調整手段としてはならないと法で定められています。
 技能実習生はあくまでも技術等を学ぶことが目的であるので、例えば飲食業の
 配膳等の単純作業をさせてはならないことになっています。
 しかし、特定技能1号に関して言えば、日本国内での労働力を確保するための
 在留資格であるので、対象分野であれば、宿泊業であれば配膳等の
 単純作業に従事してもらうことも可能です。
3.特定技能1号の在留資格の概要
 在留期間は、1年、6箇月、4箇月で、最長で5年更新可能です。
 特定技能1号は、その家族が日本で一緒に居住することのできる在留資格ではなく、
 単身での在留資格となります。
 
●特定技能1号が誕生することによる問題点
在留資格の、特定技能1号に関する資格試験は、各業種で平成31年4月以降
介護、外食産業の分野を皮切りに徐々に行われます。
試験は原則として日本国外で行われ、当面は、
ベトナム、フィリピン、カンボジア、中国、インドネシア、タイ、ミャンマー、ネパール、
モンゴルの9カ国で実施されます。
そこで、単身で、日本で働く外国人が増加して行く予定で、初年度で、
約3万人~約4万7千人を予測しています。
この外国人労働者は、当然日本の社会保障制度に組み込まれて行くわけですが、
そこで、出てくるのが、健康保険の被扶養者の問題です。
現在の健康保険(全国健康保険協会管掌の場合)制度では、
被扶養者に、国内居住要件はありません。
一定の被扶養者としての要件を満たせば、外国に住んでいる
一定の家族も被扶養者にすることが、今の制度では可能です。
単身で日本で働く外国人労働者が、国外の家族を被扶養者にした場合
日本の医療費のさらなる赤字が見込まれます。
そこで、以下のような健康保険法の改正案が本国会に提出されています。

●健康保険法改正案
厚生労働省は1月28日からの第198,回通常国会に、
健康保険法など医療・介護関連法の改正案を提出しました。
健康保険では、扶養家族の要件に「国内在住」を加えます。施行日は来年4月1日の予定です。
外国人労働者の受け入れ拡大により、健康保険に被扶養者が想定の範囲を超えて増大する
可能性を見極めるための措置と思われます。
ですので、例外もきめ細かく想定しています。
「日本に生活の基盤があると認められる家族」については例外的に扶養家族と認め、
海外留学する子ども、海外赴任に同行する家族は引き続き医療保険を使えるようにする予定
です。

西尾はこう思います
外国で生活する場合に一番気になるのは健康です。
日本で働く外国人労働者が、健康で安全な生活をバックに仕事に臨めるよう
バックアップするのは当然だと思います。
本来であれば、外国人労働者の被扶養者も、健保の被扶養者とする方が、
皆さん安心して働けると思います。
しかし、単身で、日本で働く労働者の、外国居住の家族まで日本の保険制度に組み入れるのは、
赤字が増大する一方の日本の医療制度に更なる負担を強いるものだとも思います。
単身で働く外国人労働者の方は、日本国内で働く人には被扶養者が認められるのに、
ご自身の家族が被扶養者と認められないことを公平ではないと思う可能性もあると思います。
将来的には、「被扶養者」という制度そのものを見直すべきではないかと私は思っています。

============================================================

~~~~~~~~~編集後記~~~~~~~~~

これから暖かくなるそうですが、どうやらこのメルマガを作成している
2月14日は、寒さの底のようで、とても寒いです。
北山は真っ白、一日中晴れているということはなく、
日に何度も小雪がちらつきます。
こんな日は、やっぱり鍋!ですよね。
温かくて消化に良い、湯豆腐、うどんすき、おでんが私の定番です。
でも、おでん一回作ると、1週間は食べ続けなければならず、
しまいに飽きてきます。
残るのは、こんにゃくと大根だけ。もう食べるのいや!となってしまいます。
おでんは、やっぱり、専門店で、熱燗をお相手に、
好きなものだけ、「がんもとちくわと....」とかオーダーするのが
正しいおでんのあり方かも、と思う今日この頃です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*********************************************************
社会保険労務士法人西尾事務所
特定社会保険労務士&年金コンサルタント
西尾雅枝
〒604-8155
京都市中京区錦小路通室町東入ル
占出山町308 ヤマチュービル2F N10
電話&FAX(075)241-4586
メール
info@nishio-sr.com
WEBサイトhttp://www.nishio-sr.com
フェイスブックhttps://www.facebook.com/nishiokarasuma
*このメールマガジンの無断転載・転用は固くお断りいたします。*
*********************************************************
------------------------------------------------------------
働くあなたの公的年金&保険知っ得情報
発行システム:『まぐまぐ!』http://www.mag2.com
配信中止はこちら』http://www.mag2.com/m/0000180112.html
-------------------------------------------------------------