ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
               働くあなたの公的年金&保険
               知っ得情報 NO.321             2020.06.01.
ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
 
■■■■■■■■■■■■目次■■■■■■■■■■■■

★保険&年金基礎知識~今年の年度更新~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
緊急事態宣言が、全国的に解除されたものの、
やはり、懸念されていた第二波の感染が始まっているのでは?と
言われています。
このウィルスを制圧するには、第二波、第三波を乗り切って、
その中で見えてくる、感染拡大を抑えるノウハウをいかに
活用するか?なのだと思います。

今回は、今年の年度更新について、です。

============================================================

★保険&年金基礎知識~今年の年度更新

政府は、新型コロナウイルス感染症の経済活動に及ぼしている影響を踏まえ、
令和2年度の労働保険の年度更新期間について、
令和2年6月1日~7月10日から令和2年6月1日~8月31日に延長することを
告示しました。
(「労働保険料等に関する納期限等を延長する件」(令和2年厚生労働省告示第207号))
詳細は、以下に説明いたしますが、まずは、年度更新について、簡単にご説明しますね。

●年度更新とは
年度更新というのは、労働保険保険料の支払い方が年払いであるため
その清算を年度更新といいます。
労働保険とは、労災保険と雇用保険のこと。
そのうちの労災保険は、文字通り「労働者のための保険」で、
事業主は、正社員の方、パート、アルバイト等名称の如何に関わらず
他人を1人でも雇用すれば、法人、個人事業とも
労災保険に加入しなければならない義務があります。

さらに、労働時間や期間により該当すれば、労働者を
雇用保険に加入させなければならない義務があります。
労働保険は、4月から翌年3月までの保険料一括前払い方式となっています。
この期間の賃金見込み額により保険料を納付し、3月までの実際に支払った
賃金総額により再計算を行います。
そして、前払いした保険料と比較、プラスorマイナスを算出、翌年1年間の
賃金見込み額による概算の保険料と相殺して新たに納付します。
毎年繰り返すこの手続きを「労働保険の年度更新」といい、
開始日や最終日が土日になる場合は、1,2日変わる場合がありますが、
毎年6月1日から7月10日までに行います。


今年の年度更新は?
例年、全額納付する場合、または第1期の納期限が7月10日までなのですが、
今年は8月31日までに納付すればよい、ということになりました。
労働保険料の納付には、全額納付と延納があります。
概算保険料額が40万円
※労災保険か雇用保険のどちらか一方の保険関係のみ成立している場合は20万円
以上の場合又は労働保険事務組合に労働保険事務を委託している場合は、
原則として、労働保険料の納付を3回に分割する事ができます。
・原則
 全額納付、延納の場合の第1期  7月10日
 第2期                 10月31日
 第3期             令和3年1月31日
・今年の納期限
 全額納付、延納の場合の第1期  8月31日
※第2期以降は例年通りなのですが、今年は10月31日が土曜日、
 令和3年1月31日が日曜日のため、以下の日付となります。
 第2期                  11月2日
 第3期              令和3年2月1日

今年の年度更新の特例
上記の、全額納付又は延納の場合の第1期の納期限延長に加えて、
今年は、一定の要件の事業主には納付猶予の制度が設けられることに
なりました。
・猶予(特例)の概要
 新型コロナウイルス感染症の影響により、事業に係る収入に相当の減少があった
 事業主は、申請をすることにより、労働保険料等の納付を、
 1年間猶予することができます。
 この納付猶予の特例が適用されると、担保の提供は不要となり、
 延滞金もかかりません。
・猶予の要件
 以下のいずれも満たす事業主の方が対象となります。
1.新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以
  上)において、事業に係る収入が前年同期に比べて(※1)概ね20%以上減少して
  いること
2.1.の状況により、一時に納付を行うことが困難であること
※ 「⼀時に納付を行うことが困難」かどうかの判断については、少なくとも
  向こう半年間の事業資金を考慮に入れるなど、申請される方の置かれた状況に
  配慮し適切に対応。
3.申請書が提出されていること
・猶予対象となる労働保険料
 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する労働保
 険料等が対象となります。

西尾はこう思います
事業運営には、人を雇用することは欠かせない重要事項です。
人を雇用すると発生するのは、通勤途上の交通事故、業務中の怪我等々です。
十二分に気をつけていても、避けられない事故というのはあります。
そんなときの頼みの綱が労災保険です。
少人数雇用の事業所さんで、雇用保険加入に該当しない働き方をされている
方のみを雇っておられる場合でも、労災保険にだけは加入なさるよう
常々お勧めしています。
もらい事故に近い交通事故で、通勤途上の従業員さんが怪我をされ、
労災申請をさせていただいたときに、事業主さんが、しみじみ
労災に入っておいてよかった、と言われたことがあります。
今回の1年間の支払い猶予の制度ですが、
ありがたい制度ではあるが、最終的に払わなければならない
保険料なら、多少苦しくても通常通り払っておく、とおっしゃる
事業主さんが多いように思います。

============================================================

~~~~~~~~~編集後記~~~~~~~~~

緊急事態宣言が解除され、京都の町も徐々に人の出が多くなって
来ました。
京都の夏の風物詩、先斗町の川床も、晴れた日の夕方ともなりますと、
青い薄縁が敷かれ、ぼんぼりも燈されて、ちらほらお食事を楽しむ人が
四条大橋から望めます。
屋外で、密集していない状態なら、という考え方は間違っていないように
思います。
しかし、私は、休日に家にいる習慣が身についてしまい、
月曜日から金曜日まで、休日に見るべく見たいドラマや映画を録画しまくり、
金曜日には食料品と読みたい本を買い込み、
土日はひたすら家におります。
当分、休日でも外出しないと思います。
結構、そんな人が多いのではないでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*********************************************************
社会保険労務士法人西尾事務所
特定社会保険労務士&年金コンサルタント
西尾雅枝
〒604-8155
京都市中京区錦小路通室町東入ル
占出山町308 ヤマチュービル2F N10
電話&FAX(075)241-4586
メール
info@nishio-sr.com
WEBサイトhttp://www.nishio-sr.com
フェイスブックhttps://www.facebook.com/nishiokarasuma
*このメールマガジンの無断転載・転用は固くお断りいたします。*
*********************************************************
------------------------------------------------------------
働くあなたの公的年金&保険知っ得情報
発行システム:『まぐまぐ!』http://www.mag2.com
配信中止はこちら』http://www.mag2.com/m/0000180112.html
-------------------------------------------------------------