ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
               働くあなたの公的年金&保険
               知っ得情報 NO.330             2020.10.15.
ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
 
■■■■■■■■■■■■目次■■■■■■■■■■■■

★保険&年金基礎知識~同一労働同一賃金について~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
寒暖の差が大きい日が続いています。
前の号で、今年は金木犀の香りがしないと申しておりましたが、
今朝、金木犀の甘い柔らかい香りを感じました。
やっと、秋到来!という感じです。

今回は、同一労働同一賃金についてのお話です。

============================================================

★保険&年金基礎知識~同一労働同一賃金について~

10月13日、以前から注目されていた二つの裁判について、
最高裁の判断が示されました。
今回は、そのお話ですが、まず、同一労働同一賃金とはなにか、
簡単にご説明します。

同一労働同一賃金とは
働き方改革で、パートタイム労働法に有期雇用労働者も含まれることとなり、
「短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律」
(略称:パートタイム有期労働雇用法)と名称も変わり改正されています。
労働契約法も改正され、第20条では、期間の定めがあることによる不合理な
労働条件の相違を設けることを、すべての労働条件において禁止しています。


改正されたパートタイム有期労働雇用法における「同一労働同一賃金」は、
同じ働き方の労働者には、同じ対価を支払わねばならない」という
趣旨のものではなく、
・違う雇用形態で
・同じ仕事
で働いている人がいるのなら、
・業務内容
・職務(責任の度合い、配置転換の有無を含む)
・その他の事情
に照らして、雇用形態が違っても、上記条件が合致するなら
同じ賃金にしなさいよ、というもので、
比較対象労働者は、
1.有期労働者と無期労働者
2.パートタイム労働者とフルタイム労働者
3.派遣先労働者と派遣労働者
となります。
この法律の適用は、
大企業 令和2年4月1日
中小企業 令和3年4月1日
となっています。
しかし、この正社員と非正規社員の賃金格差をめぐっては、
すでに裁判で争われているケースが多くありまして、高裁で支給を
認められた二つの裁判について、最高裁での判断が注目されていました。

10月13日の判決は?
正社員と非正規社員の待遇格差をめぐり、ボーナスや退職金支給の是非が
争われた2件の訴訟の判決が13日、最高裁第3小法廷で行われ、
一部支払いを命じた二審判決を変更し、いずれも支給を認めない判断を下しました。
・ケース1~ボーナス支給について~
大阪医科薬科大で約2年間フルタイムで勤務した元アルバイト職員の女性が起こした訴訟。
女性は、不支給は労働契約法第20条が禁止する「不合理な格差だ」と訴えていました。
大阪高裁は不支給を不合理な格差と認め、正職員の6割の支払いを命じていたのですが、
最高裁では、同大のボーナスは「正職員の職務を遂行し得る人材確保の目的があった」と指摘。
似た業務をしていた正職員と女性を比較しても内容に違いがあるほか、
女性の業務は「相当に軽易だった」とも述べ、請求を退けました。
・ケース2~退職金支給について~
東京メトロ子会社メトロコマースの駅売店で約10年間働いた元契約社員の女性2人が起こした
訴訟で、最高裁は売店業務に従事した正社員と2人を比較。
業務内容はおおむね共通するが、正社員は配置転換があるなど一定の相違があるとし、
「不支給は不合理とまでは評価できない」と結論付けました。
 

西尾はこう思います
最高裁での判断が示されたので、非正規で働く方のボーナスや退職金が
どのような場合でも認められないのだ、ということではありません。
各々のケースによって精査されるべきものだと思いますし、現在進行中の裁判が
最高裁まで争われた場合、ケースによっては違う判断も示されることでしょう。
そのような経過をたどって、判例が形成されていくのだと思います。
一部の専門家の方が、正規で働く方には会社へのロイヤルティが求められており、
非正規で働く方、例えば有期雇用の方には、ロイヤルティは求められていないことから
各種手当はともかく、ボーナスや退職金について、格差があるのは非合理とまでは
言えない、という判断を示しています。
非正規で働く場合でも、会社やお店に愛情を持ち、ロイヤルティを持って働いている
方はたくさんおられます。
ロイヤルティでの線引きはない、と私は思います。

============================================================

~~~~~~~~~編集後記~~~~~~~~~

私の友人で茨城県出身の人がいます。
ここ6年、茨城県は都道府県魅力度ランキングで不動の最下位を
誇っていましたが、何と今年42位に大躍進。
※同率の42位は 岐阜県
44位 福井県
45位 佐賀県
46位 徳島県
47位 栃木県
となっています。
友人の感想は、岐阜県から栃木県まで、茨城県が勝ててる、
とは思えない。
岐阜には下呂温泉や奥飛騨温泉郷、佐賀には嬉野や武雄の温泉と海産物があり、
徳島にはおうどんがあり、栃木にも温泉に日光東照宮、餃子に那須高原まである。
茨城が栃木に勝てているのは海があることだけ。
最下位という自虐ネタがこれから使えないのは、つらい。
でも、納豆と袋田の滝しかなくても、私は茨城が大好きです、とのこと。
42位ってホントに微妙といってました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*********************************************************
社会保険労務士法人西尾事務所
特定社会保険労務士&年金コンサルタント
西尾雅枝
〒604-8155
京都市中京区錦小路通室町東入ル
占出山町308 ヤマチュービル2F N10
電話&FAX(075)241-4586
メール
info@nishio-sr.com
WEBサイトhttp://www.nishio-sr.com
フェイスブックhttps://www.facebook.com/nishiokarasuma
*このメールマガジンの無断転載・転用は固くお断りいたします。*
*********************************************************
------------------------------------------------------------
働くあなたの公的年金&保険知っ得情報
発行システム:『まぐまぐ!』http://www.mag2.com
配信中止はこちら』http://www.mag2.com/m/0000180112.html
-------------------------------------------------------------